エビのオムレツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マリオン

ヨーロッパめいた映画を摘んでいる。
此度はミッドナイトインパリ。気持ち悪い表現になるが、とっても素敵な映画だ。
浜村淳もびっくりのネタバレで紹介しよう。

小説家志望のハリウッド脚本家が、婚約者とその両親を連れてパリ観光。
価値観の合わぬ婚約者と嫌味な両親に正直もう辟易だ。
ひょんな事からファンタジーが弾け、主人公は憧れの1920年代にタイムスリップ。
名だたる文豪や画家と出会い、親交を深める。
漫画家を志す少年に例えれば、時を越えて手塚や赤塚、石ノ森や藤子AFとトキワ荘で大騒ぎする様な夢物語。
都合のいい事に、朝には現代に戻れるので夜な夜なタイムスリップの毎日。
挙げ句、とんでもなく魅力的なピカソの情婦アドリアナと恋までしちゃうぞ。

主人公にとって1920年代は大御所たちと出会える夢の時代。
しかし、1920年代っ子アドリアナにとっては退屈でつまらないものだった。
ここでまたファンタジー炸裂、こんどはアドリアナと一緒に1890年代に移動。
このベルエポック時代こそがアドリアナには黄金時代。彼女はここに残る決断を下す。
拍子抜けするほどあっさりと別れてしまい、私は焼酎片手に呆然だ。
そこで主人公は気付く。過去への憧れなんつうのは、ただの不満に過ぎない。
現在ってのは不満なもんだ。それが人生だと。

主人公は悟りをぱっくり開いて現代に帰り、婚約を破棄。
パリに居つく事を決めた直後にレコード屋のお姉ちゃんといい感じになって終了。
恋だらけの花咲くパリまるかじりの作品でした。
余談ですがミザリーのおばちゃんも出てたな。

ドンパチ好きの私が血の一滴も流れぬ柔和な作品を推す理由ですが、
要はアドリアナが美しかったんだな。綺麗な人がいたもんだ。

彼女が事故で両足を失ったシャチの調教師に扮し、
シングルファーザーの野良格闘家と出会う映画があるのですが、年内に必ず観る所存です。
いやあ映画って、本当に素晴らしいですねえ。








スポンサーサイト
  1. 2017/12/28(木) 22:45:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンドサインで嵐の素顔

「お、俺ゆみこさんと一緒のシフトなんてたまんねえっす!」
「うふふ、たけしくんたら。なっちゃんに言っちゃうぞ!」
とでも言い始めそうにコンビニ店員がじゃれ合っている。
客イズヒア。外にとめた自転車が気になってんのよ。はよレジして。


20171114_01


店を出た所で、ドア前に軽四を駐車した女性とすれ違った。
エンジンかけっぱなしのその車を見てムムム。ベビーシートに子供がおるやないか。
あかん、気になる。何も起きないだろうけど、女性が戻るまで遠巻きに見守っておいた。
とかくこの世は変態だらけ。近隣では子供への声掛け魔や撮影魔、追跡魔まで出没している。
ちょいとコンビニに入るぐらいと思う気持ちは分らんでもないが、やめとけ!

夜練で濡れた体がよく冷えた。冬はもうすぐだ。
ずっと秋だったらどんなに捗る事だろう。








  1. 2017/11/14(火) 08:39:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1213

連休を利用して旅行に行ってきました。
そもそもは単独車中泊の一泊強行軍で某博物館往復のつもりだったのですが、
家族が許さず、日程の中心にそれを据えた二泊の家族旅行となった。

んが、連休目前で観光地の宿は満だらけで確保に往生しました。
いちいちセルフの安宿は、とりわけ食事が激しかった。
子供用夕食のしょぼい冷凍エビフライに失笑したら大人も然りだった。
素泊まり同然の値段で文句は言えません。


20171106_01


まあでも、東南アジアを彷彿とさせる都市渋滞と、帰路とどめの名神硬直道路を無事切り抜けられたのは、
ひとえに嫁さんのドライブタフネスのおかげです。
料理の腕以上にありがたいかもしれない。
私が働けなくなったら長距離ドライバーになって養ってくれるか。
嫁さんトラックで私はトレック。いやスペシャか。








  1. 2017/11/06(月) 19:36:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赦したまへ

朝の渋滞。
10時の方向、住宅の隙間から車列を伺う車の鼻っ面が見えた。
せこい脇道時短からの再合流さんだ。
いいよいいよオッケーよ。さあ入んな。
むしろ先に会釈してニッコリ微笑んでみせた。食らえ親切爆弾。


20171027_01


なにしろ体調が悪いのだ。
休んでも動いても戻らない。押しても引いても駄目なんか。
もはや徳でも積んで御利益に期待するしかない。
という訳で3台入れて3つは稼いだけど、えらいもんでしんどいままだ。








  1. 2017/10/27(金) 12:54:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

THE LOOK

近所に越してきた若い世帯が微笑ましい。
まんま洗剤のCMに使えそうだ。
けさ台風一過に喜んだお子さんが玄関先ではしゃいでいた。
その子がもう小さいのなんの。母親につきまとう姿に思わず見とれた。


20171023_01


この無邪気さよ。うちの子らもこんなんだったなあ。
ちっこい間にいろんな食材を口に馴染ませとけよとか、内心は余計なお節介で溢れんばかりに。
すると挨拶もそこそこに、母親は子供を抱いて家に引っ込んだ。

私の視線が、危ない方の好き好きビームに見えたのかもしれない。
見た目で判断されて原辰徳と言いたい所だが、
私だって人を見た目で判断して間違った事の方が少ないもんな。








  1. 2017/10/23(月) 20:22:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。