エビのオムレツ

スワロウテイル

気が付いたら、ちょっと待てよな所にツバメが巣をこしらえていた。
着工直後であればゴメンチャイしたい場所ですが、こんだけ仕上がったら潰せません。
クソ箱を地面に設置してやらんといかんな。はあ~


20170518_01


現状は画像の通りですが、このあとは天井に沿ってしゅ~っと口を狭めたひょうたん型の巣になります。
私が子供の頃から馴染み深いお茶碗型の巣にはなりません。
尾っぽ手前の臀部あたりがオレンジ色のツバメだからだ。

これは和名ミカンツバメというチベット原産のツバメ。
ひょうたん型の巣を作る習性は、ヒナを高地の風と寒さから守る為らしい。
ケツがオレンジ色なのは、空中で背後から迫る鷹にステルス的効果を発揮するからという説も。
というのは全くの嘘で、本当はコシアカツバメといいます。








スポンサーサイト
  1. 2017/05/18(木) 22:56:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローテ

もっぱらキーボードをポチポチやってる身ですから、ほぼ筆を持つ事がありません。
そんな中、契約云々で嫌になるほど字を書いた。
無駄に画数を稼ぐ名前が鬱陶しい。簡単な漢字の失念具合も深刻だった。
疲労で筆跡が変化し、一枚目と最後ではまるで別人の署名だ。通るかこれ。


20170516_01


父は字が綺麗で、祖父は汚かったらしい。
子供らはマシな方だ。ちなみに曾祖父はイケイケで鳴らしたとか。
我が血統を紐解くと、代々やり手とボンクラが交互に生まれている。
それでいくと私は後者という事になる。








  1. 2017/05/16(火) 13:21:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あの事この事なにすんだって、みんないるのさお袋が

車やらグルメに塾や住まい云々。スマホひとつだってそう。果ては乏しい資産こにょこにょに至るまで。
気付けば全てべったり友人らの世話になっています。プロばっかし揃いやがって。


20170419_01


頼れる連中がいて頼もしい限りですが、お返しをしようにも私の専門では役に立てそうもない。
それが歯痒いこの頃です。あんがとな!






  1. 2017/04/19(水) 21:53:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンドレ

あんなに頼んどいたのに、かかカレーおじやって。朝から何を食わすねん。
死ぬほどむくれてモヤモヤした夢から覚めたら、ちゃんとサンドイッチを作ってくれていた。


20170311_01


嫁さんは髪のカット云々でもう出かけている。腹も張ったし、子供とどっか遊びに行こっと。
早めに帰れたら自転車に乗りたいな。




  1. 2017/03/11(土) 10:16:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

押忍!狩猟部

ごく近所のゴルフ場裏の山に、でっかいボスイノシシがいるらしい。
罠は通用せず、猟犬もやられたとか。うむむむ。
猪どころか熊の被害だって枚挙に暇がないこの頃。そういえばシラサイ関係の方々が狩猟免許を取得されたとか。
もう狩ってんのかな。お話を伺ってみたいものです。


20161124_01


岡山在住の猟師が実体験を描いた山賊ダイアリーという漫画がある。
刺激的な内容とは言い難いが、淡々としたリアルがある。
その漫画をキゾクさんに勧めた所、ガールハントで鍛えた彼の狩猟本能に火がついた。
ストレスではち切れそうな日々からの脱却。
お山で犬つれてキゾクのじっさまになるんか。向いてると思うぜ。

私も興味深々だ。正直やってみたい。
初陣で思わぬ大物を仕留めてしまい山奥で棒立ちとか、山菜取りの爺さんを熊から救ってヒーローとか。
まあ色々と想像してしまうんだな。
そもそも釣りエサのゴカイでヴォエってなる私に何が出来るのやら。







  1. 2016/11/24(木) 20:22:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する