エビのオムレツ

おとしんぼ

まただ。信じられない。
朝の自転車通勤時。小さな峠を下ってドリンクを飲もうとフレームを見下ろすと、ツールボトルの中身が見えた。
酸欠によってある種の能力が開花したのではない。あるべきキャップが無いのだ。
またフットンダ。


20120531_01


今度は携帯工具も飛んでないみたいだが、腹立たしいというか口惜しい。
どうせもう見つからない。図らずも買い増した黒(大)のキャップの出番だと諦めかけた時、ハッと閃いた。
デジカメを取り出し、再生ボタンで画像を表示させる。
最後の一枚、ついさっき峠の登り口で撮った写真を拡大拡大。


20120531_02


おおお、下の方に間違いなく黒いキャップが映ってるぞ。
という事は、この峠区間のどこかに転がってるのは間違いない。
意地でも見つけるつもりでUターンし、写真を撮ったスタート地点まで汗を吹き吹き戻ります。

そこから再び登り。いつもより更に遅い速度で、道端や溝を覗きながら登っていきます。
この峠は舗装も綺麗で道幅もあります。
通勤時間でも自動車の往来は皆無に等しいので、多少よろけても大丈夫。

登る途中、峠をウォーキングしてるおじさんに挨拶された。
最初に登る時、Uターン時、そして今。3回も会ったので 「凄いなぁ!」 と感心して頂いた。
わたしゃ探し物してるだけなんだよ。誤解とはいえ、正直ちょっと嬉しい。

がしかし、頂上を越えても見つからない。さてはガードレールを越えて絶壁を転んでったのか。
いやいや、必ずある!見つからないなんてあんまりだ。
役立たずの守護霊め!と毒づいてたら、殆ど下りきった所に可愛らしく転がってました。
紛失に気付いたポイントのすぐ側かよ。落としたてホヤホヤだったんだね。


20120531_03


もうウンザリなので、バンドで固定しました。
朝からバテバテ。
早めの昼食は天一こってり大盛で、朝の消耗分を軽く凌駕しておきました。
ごっつぁんです。





スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 01:19:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

三年殺し解禁

日々を過ごす中で、皆さんも某かの不安を抱えてらっしゃるでしょう。
仕事や健康、家庭や恋愛。一つでも減らしたいものですね。

保険を大幅に見直しました。
命を値踏みした様な書類はずっしりと重い。そいつらに片っ端から印鑑の乱れ撃ちです。


20120530_01


これで私がいつ倒れても家族は食っていけるでしょうか。
いきなり明日から味噌汁が濃くなってたら笑えるのですが。





  1. 2012/05/30(水) 01:07:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デブゴン怒りのヒルクライム

と、とれてるやん。
会社に着いたら、ツールボトルのキャップがない。
うそっ!まじか。
中身はぎゅうぎゅう詰めだった為、幸いキャップ以外は落としてないみたい。
一縷の望みを託して車で通勤ルートを少し戻ってみたが、もちろん見つからない。
閉め方が甘かったのか。


20120529_01


本体は健在でも、キャップがなければ只の筒。
昼間、ショップに寄って同じボトル(黒)を買い直しました。通勤用に小さなサイズ(白)も購入。
早速、小さなサイズに詰め替えます。

チューブ1本、タイヤレバー、パッチ2枚、レギュレーター、ボンベ2本、手袋・・・
ほげげ!携帯工具がない!キャップと一緒に飛んでった~

あれ?よく見たらキャップは大小共通だ。
小さいの買ったんならキャップは使い回し出来る。
つまり大きいのを丸ごと買い直す必要なんて・・・で、思考を止めた。

極めつけは、取引先で洒落にならない製造指定違反が発覚。向こう一ヶ月の火消し役は誰だ?私だ、何でだ!
雪崩を打ってチョンボが押し寄せるクソみたいな月曜日だ。
んも、もうたまらん。海が見たい。


20120529_02


帰りはウルトラ遠回りで岬を登って気分転換。
ここまでの遠回りは、日が長い今の時期しか出来ませんね。

登りでボワンボワンになった脚を見下ろすと、5つの赤い腫れ。
中心点が真紅で周りはうすらピンク。まるでLEDを仕込んだみたいだ。


20120529_03


ヴィンテージさんによると、鳥ヶ乢で私を襲った虫軍団はブヨ(ブト)らしい。
分かり易く言えば吸血蝿。
蚊と違って皮膚を噛み切って吸うので痛みがあり、注入する毒素も蚊のそれより遙かに強力なんだってさ。
よくもよくもよくも・・・






  1. 2012/05/29(火) 01:34:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

処刑ライダー

計8ヶ所中、ぶっくり無残に腫れたのは5つ。
傷周りは熱を帯びてほっかほか。大事な足は見るも無惨だ。


20120528_01


もし化膿したらもう一度、鳥ヶ乢へ登ろう。キンチョールを持って。

近隣のヌートリアを殲滅した執念深い親父の血と骨が、私にも受け継がれている。
汚物は消毒だ~!




  1. 2012/05/28(月) 01:12:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する