エビのオムレツ

Phalacrognathus estrus muelleri

ペットショップの昆虫スクラッチくじで、息子が3等をゲット。
賞品はニジイロクワガタ。名前の通り、身体は虹色っつうか玉虫色。
カブト虫じゃなくてクワガタです。
2本のツノがハサミの様に開閉する豪州産のクワガタだ。


20120731_04


息子は大興奮だが、外来種嫌いな私の琴線には全く触れません。
植物防疫法の緩和で解禁されて以来、堰を切ったように押し寄せた異形の外来甲虫。
どれもこれも、派手すぎだ。見た目に節操がないので好きになれない。
すでに国内種との交配なんかもしちゃってるんだろねえ。

ご覧の通りオスメスのセットなのですが、ケース内でペアが分けられています。
お店の方の説明によれば、仕切り板を取るとすぐに子づくりに励んでしまうそうな。さすが外人。
場合によっては事を致した後に、興奮したオスがメスを殺してしまう事もあるので注意が必要との事です。
本当かよ。生々しい説明を子供の前でされて苦笑いだ。
絵日記に勤しむ息子には、ちんちんも虹色なんだよと吹き込んでおきました。


20120731_01


そして早くも産床用の土選びに余念がない嫁さん。いわゆるベッドメイキングですね。
昨夏よりカブト虫の繁殖に成功し、ノリにノってる彼女が1から9までは面倒を見るでしょう。
子供の頃にこんな虫を持ってたらヒーローだったろうなあ。


20120731_03


私が小さい頃には子供用昆虫採集セットなる物が普通にありました。
防腐剤・殺虫剤を子供自らが注射器で虫に注入し標本を作るという、よく考えたらハードな玩具でしたね。
私自身もセミに針を刺す時の感覚と断末魔の鳴き声を憶えています。
私の周りでは未遂でしたが、子供同士で打った打たれたなんて物騒な事も多々あったに違いない。

ちょっと気になって調べてみた。
やはり針の事故が多発したり、注射器をやたら欲しがる人達の問題もあって、子供用採集セットは市場から消えていったみたいですね。
ちなみに子供用に添付してあった薬液は全くのニセ薬だったとさ。何だそりゃ?傷つくわ~

ただ、昭和初期の大人用採集セットには青酸カリが使われており、想像通りの別用途が問題となってこれも無くなったみたいです。そりゃそうだ。
街中で当たり前に青酸カリやヒロポンが買えた時代って凄いですね。







スポンサーサイト
  1. 2012/07/31(火) 02:04:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

子供に喚いてはいけない九つ目の理由

旅行の帰り、ハイテンション醒めやらぬ子供が車内で大暴れ。
注意しても全く聞く耳を持たず、赤さんまでチャイルドシートからこぼれ落ちる勢いだ。
一喝する為、助手席から振り返ろうとドア上部の取っ手を勢いよく掴んで引いたら電撃が走った。


20120730_02


間抜けにも、取ってのジョイント部に自らの小指を巻き込んでしまった。ベロリ~ンだ。
子犬の様にぎゃんと叫んで、私のテンションが地に落ちた。
指の腹の負傷なので、これは参る。
明日の自転車通勤は、小指をおっ立ててシフトレバーを握るオカマちゃん走法だな。


話は変わるが、こばびぃのレース結果に賛辞を送ります。しゅごいでしゅ!
旅先で携帯にて情報を仕入れて声を上げました。お疲れさんです。やるなぁ~
私もマドンだぜ!と旅行メンバーに自慢して空振りしましたYO!





  1. 2012/07/30(月) 01:44:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

羊の呪い

昨日から暴君Oさん、痛風一年生Mさんらと三家族で蒜山大山方面へ旅行に行って来ました。


20120729_05


実はOさんの会社の保養所が近くにありまして、そこに便乗させて頂いた次第です。
Oさんの奥さんは妊娠9ヶ月。もうすぐ鬼の子2号が産まれるので、土壇場での旅行です。


20120729_04


この保養所・クイーンズパレス蒜山(仮称)がデカくて綺麗で好立地。
しかも激安。家族5人でクソ広い部屋で夕食懐石で2万チョイて、嘘やん!
宿の酒もビール大瓶350円て!さすが世界の大企業さんやで!


20120729_01


痛風にびびり倒しのMさん。
ここ半年は摂生続きだったからか、宿では久々の刺身・エビ・肉・そしてビールに大興奮。
これらは全て尿酸値グローアップに直結する物ばかり。
Mさん明日は車椅子で観光だなと言われながらも綺麗に平らげ、すぐにゴロスピー。
徹夜のまま旅行に突入していたOさんも、夕食でワインを開けたらゴロスピー。
翌朝聞いたら各々起きたりしてたらしいですが、私がまた一人宴会をした事実に変わりはない。


明けて今日、水木しげるロードでのスタンプラリーは酷暑のせいで生き地獄でした。


20120729_06


境港で日本海新聞(にほんかいしんぶん)看板を見たOさんの奥さん。
「へぇ~、港町には凄い新聞があるのね」って、にほん うみしんぶんだと思ったみたい。
出産寸前の臨婦だとはいえ、天然が過ぎますぞ。
せっかくなんで鬼太郎ラーメンに突撃。
マグロスープにマグロ赤身が乗ったおてんばな塩ラーメン。見るからに地雷臭が漂う。


20120729_08


こいつが以外と美味しくて僕ちゃん驚いた。練りワサビ本当に合うね!
鬼太郎ラーメンを見て 「おにたろうラーメン」 と口走ったMさんの奥さん。
こんだけ鬼太郎まみれの町でよくそんな事が言えたもんだ。

総勢12人の珍道中でしたが、何より衝撃だったのが初日のジンギスカン。
恥ずかしながら初体験でしたが、モノが悪かったのか私が繊細過ぎたのか、臭い!


20120729_02


頬張る度に傷んだ牛臓物みたいな風味がむほぉんと口に広がる。くっさぁ~。
横を見ると他の方々は美味そうな顔で食いまくりんぐ。信じられん。
私の舌がバカ?彼らの鼻がバカ?どっち?
何度食っても臭い。まずい。ダメじゃ!あかん。
我が家の皿だけヤギ肉なんじゃねえかとすら思った。


20120729_03


風呂に入るまでジンギスカン臭が服に染み付いて嫌だったのなんの。
とにかく、私は羊肉、たとえラムであろうと大の苦手だと思い知った。
豚骨の屍臭はあんなにも愛せるのに、難しいもんだね。


20120729_07


私は諸手を挙げて降参だったジンギスカンの店が、非常に繁盛していた事は付け加えておきます。
皆さん今回もお疲れ様でした。
最後に寄った店の文句は内々で盛り上がるとしましょう。





  1. 2012/07/29(日) 23:56:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SWEAT GUTR

アイスを食っても汗をかくほどに汗っかきな私。
当然、自転車に乗れば季節を問わず大汗をかきます。
冬場の信号待ちなど、能力者の如くモワ~っと湯気を立ち上らせる圧巻のビジュアルだ。
坂道なんか登った日にゃあ、もう大噴射です。

頭部から額、そして目とサングラスにボタボタ流れ落ち、本当に鬱陶しい。いって~
滲んだ視界では、すれ違う女性がみな憧れの人の様にきらめいて映ります。

こりゃどげんかせんといかん!で色々と物色したらすぐに出た。あっさり出た。


20120728_02


SWEAT GUTR(スウェットガーター)という商品だ。
B級冒険野郎が写ったパッケージに一抹の不安を覚えたが、速攻でポチった!

額に巻き付けたバンドには溝があります。
頭から流れ落ちる汗を溝で受け止め、目に落ちる事なく両端から排出する構造だ。


20120728_03


おおお!雨どい方式は私も考えた事あったよ。
まさか商品化する馬鹿がいたとは驚きだ。昨日アメリカをおちょくった事は撤回したい。
3サイズの付属ゴムとベルクロで大きさを調整して装着します。圧迫感は殆どないですね。

そして今日、使って驚け驚いた!本当に効くじゃねえか。
目に流れ落ちる汗は激減し、瞼を拭う煩わしさから解放された。
凄い!快適だ!視界がクリアに保てるって素晴らしい。
分かりにくいですが、ボールを使って効果を再現してみました。こんな感じです。


20120728_04


ただ、使った後に間抜けな締め付け跡が残るのが欠点といえば欠点かね。
ロングライドで使ったら果たしてどうなるか興味深い。
汗かきさんには是非、お勧めしたい。
もう一本、色違いを買おっかな~






  1. 2012/07/28(土) 01:44:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する