エビのオムレツ

トンパチの遺言

故ミスター・ヒトの本を再読。
古き良き昭和プロレスの生き字引が放つ、言ってはいけない話の祭典。
ただ、根底には愛があるから某レフェリーの暴露本とは別物だ。
中島らもによる脚注も秀逸で、読んでて腹がよじれる。
木村健悟を『はやすぎた前田日明』と表現する文才には恐れ入った。

徹底的に猪木馬場の暗部を晒すヒト。総合格闘技の源流カール・ゴッチをもぶった斬る。
藤波についても酷かった。筆おろしに出資した話まで書かれてた。これは恥ずかしい。
幻のシングル『マッチョドラゴン』を保有していたドラゴン愛好家のタカさんが読んだら失神ものだ。

プライドに満ちた罵詈雑言の中には至言もあった。
当時、最強幻想を欲しいままにしていたヒクソン・グレイシーについて。
『ヒクソンを倒すには、バーンといってガーンとやればいい』
伝わんないけど伝わった。


20141031_01


そんな気持ちで狂った様にスプリントしたが、願ったワット数には届かず。出るかあ。
右の脹脛が痛いっす。


自転車通勤
走行距離 : 68.74km
サンポーとんこつパワー






スポンサーサイト
  1. 2014/10/31(金) 01:19:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おれのミショーン

またキモいシーン?
授業の本読みの如くスマホを遠くに構えた私に嫁さんが言った。
そうですキモいんです。

Huluで海外ドラマのウォーキングデッドを見ています。
だいぶ前に見てた事もあるんですが、余りにも胸くそ悪くてやめてたのだ。

【以下ネタバレ】

物語の舞台は、感染症でゾンビが溢れた現代アメリカ。
パンデミックのドタバタで行方不明になってた主人公が家族と再会したら、
なんと嫁はんが親友と出来ちゃってた。子供も出来ちゃってた。
どっちの子か分かんにゃいボヨーン!という内容だ。

この設定に我慢ならずに見るのをやめたのだ。
しかしアメリカで最新シーズンの人気が爆発していると聞き、視聴を再開した次第です。
回を重ね、間男に成り下がった親友と尻軽な嫁はんの死を見届けて一息ついた。

のも束の間、次から次へと難題山積でもう大変。
一番怖いのは人間というステレオタイプの合い間に、ゾンビの頭グチョーン!首チョンパ!が連発。
間違えても子供には見せられません。


20141030_01


そんな中、登場人物のミショーンが格好いい。
両腕とアゴを削いで無力化したゾンビを2体従えた、孤高の女剣士だ。
べらぼうに強いのだが、割と気前よく主要キャラが死んでくドラマなので不安。

ただいま第3シーズンのクライマックス。ミショーンとキチガイ兄貴が組んだ所だ。
ミショーンに片目を潰されたペテン総督がミショーンを狙ってる。
死ぬなよミショーン。死んだら見るのをやめるからな。






  1. 2014/10/30(木) 01:32:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

由来はフェイバー

朝っぱらから子供が失礼な事を口走った。
作ってもらった飯に文句付けるとは何事だ。
考えもせずに思った事を何でも口にするなと咎めた。


20141029_01


そして仕事中。商談相手に『焼酎みたいな名字ですねえ』と言ってムッとされた。
こないだはレトロなスーツを着た若者に『ム所帰りか』と突っ込んで黙られた。
ああ~俺の血かあ。
子供を叱ってる時、嫁さんが『どの口が言ってんすか?』てな顔をした訳だ。


自転車通勤
走行距離 : 70.16km
そろそろ半パン恥ずい






  1. 2014/10/29(水) 01:11:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デュオ・ランバダ

子供と同時に家を出た。
サイコンの起動を待ちながら、私とは逆方向に歩いていく子供らを見送る。
息子の帽子は手荒い扱いでボロボロ。お前は岩鬼か。
きのうトリートメントしてやった娘の髪はとてもいい感じだ。

ランドセルに隠れてしまいそうだった頼りない後ろ姿を思い出してセンチメンタル。
涙がにじんで信号無視しかけたよ。ごめんなさいね~

ペダルを回しながら、子供が自立へ向かう安堵と寂しさが頭を巡る。
『新郎・妊婦の入場やろが、グヒャハハーッ!』という、ある新婦父親の下品なヤジを思い出した。
たとえそうなっても、私には無理だあんなの。笑ったけど。


20141028_01


いつになく清い心で登坂したらダメだった。オンボロだ。
私が限界を突破するには、何かしら怒りのパワーが必要だ。
菖蒲谷の時もそうだった。


自転車通勤
走行距離 : 60.22km
腰がグラグラ







  1. 2014/10/28(火) 00:52:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する