エビのオムレツ

心の闇と微生物

割とヘラヘラやってるつもりですが、それなりに気持ちの浮き沈みはある。
理由があったり無かったり。困ったもんだ。

人間の体に宿る微生物は100兆個といわれる。
腸内菌は消化を助け、あらゆるホルモンの分泌に関わる。
意思や思考、感情はそれら無数の寄生生物に支配されているという話がある。


20170907_01


無菌マウスをこしらえたら、好奇心ゼロで不注意無警戒の異常なマウスになったらしい。
腸内環境が様々な社会適応欠如の遠因であるとの仮説だ。脳味噌も立つ瀬がない。
ブルガリアはいい人だらけという事になるな。

ならばサイコパスの腸に善人の便を注入したら改善するのか。
一億総検便、生体うんこ移植、スカトロ療法まで思考が飛躍して、終了。








スポンサーサイト
  1. 2017/09/07(木) 10:34:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する