エビのオムレツ

出石炎上

起床は5時。前夜の早飲みが奏功し、6時間ぐっすり眠れました。
アレやコレを飲んだり、尻にスポールバルムを塗ってたらすぐにいい時間。
急いで出発です。


20130812_01


調子は抜群。どこも痛くないし、早朝なのでまだ暑くもない。
ただ日中の猛暑は約束されているので、せめて一人の時はとゆっくりゆっくり集合場所へ北上。


20130812_02


6時過ぎにローソン新宮吉島店に到着。痛くて速い彼は既に到着済みでした。
鎌ちゃんさんがお見送りに来て下さいました。ありがとうございます。


20130812_03


朝飯にバナナやお握りを買って食べていると、第一集合場所からの軍団が近づいて来た。
んんんん?待てよ待てよ!先頭のモリモリした人はまさか。
青色のスーパーマリオ、タツさんにも来て頂きました。色々と大変な事になりそうだな。


20130812_04


後続はYご兄弟の兄さん弟さん、BJC裕さん。
そして俺だけのポートこと、なかやん参上。今日はよろしく。本当によろしく。
遅れてヴィンテージさんと小豆さんご夫妻も偉そうに到着。これで9人揃った。


20130812_05


さっそく皆さんに、私の腹にスポイラーが付いてるとか何とか、いじって頂く。
アハハ~と返しますが、内心は『てめえらはこの腹の前にひざまづくのだ』と毒づく。
そう、ぽっちゃり君は私だけ。今回よっしゃんは外せない用事により欠席でした。残念。
いや。今思えば来なくて正解だったかもしれない。
それぐらい過酷を極めたツーリングが始まります。


20130812_06


まずは揖保川沿いに北へ向かいます。
タツさんのゴリゴリな足に呆れながら、ハンドルの持ち方をマネして心拍を踊らせる。


20130812_07


約束通り、俺だけのポートなかやんは私にぴったり付いてくれてます。頼もしいなオイ。
9人のメンバー中、電動コンポでないのは私となかやんだけ。早くも皆はヒモヒモやかましい。
こうなったらヒモ二人で山岳賞は頂きだ。


20130812_53


29号線を北上。
人を牽き殺すのが大好きなY弟さんの後ろに付きます。この人は要警戒。
平和に北へ北へ。東の山々で朝日が遮られ、とても快適だ。


20130812_08


予定通り、ローソン宍粟一宮店で休憩(走行32km)。
人がツバつけたホイールを横取りするのが大好きなY弟さんのコスカボSL。
この人は要警戒。


20130812_09


さて出発。ここで29号線から離脱し右へ。富士野峠へ向かいます。
俺だけのなかやんとのアイコンタクトはばっちりだ。ポート、私を峠の向こうまで連れてってね。


20130812_10


Y兄さんの後ろに付きました。
相変わらずデカいわ。この人の後ろは本当に楽です。風が来ない。
前日に炎天下の農作業→飲み過ぎで完全不調の兄さん。
すでにこの時、お腹が危なかったらしいです。


20130812_11


福知渓谷前を通過して更に北へ。この辺りで既に私は自転車未踏の地。
富士野峠ってどんなんだ?


20130812_12


真夏の自走淡路ソロ往復という暴挙で心身ともに一皮むけたと仰るBJC裕さん。
地獄の釜の様な仕事場で鍛えられた熱耐性の高さを存分に見せ付ける軽快さです。

自然とローテーションぽい展開になってゆきます。
先頭が入れ替わり立ち替わり。私の番はもうすぐだ。
先の方々が何秒ぐらいで落ちるかを数えてフムフムと勉強。


20130812_13


さあ、いよいよあたしが先頭よ!っと変わって道が左に曲がった途端、痛ジャージが飛び出した!
盆地が産んだ俺達のエースこばびぃさんが、ぼひゅんと私を抜いて飛んで行く。

反応したのはY弟さん、タツさん、なかやん、裕さん。
登り基調を駆け上がって行きます。私は呆然とお見送り。


20130812_14


後続のヴィンテージさんご夫妻と兄さんに吸収されようかと思ってたら、黒いジャージが逆走してきた。
こばびぃさんが私を連れに戻って来てくれました。ありがたや!
まんまとこばびぃさんに着火された4人は、足を浪費しながら遙か彼方へ。


20130812_15


こばびぃさんとスプリント勝負しながら桑垣山のふれあいの水に到着(走行52km)。
湧き水で頭と首をじゃぶじゃぶに冷やします。気持ちいい!


20130812_16


暫く休憩して、いよいよ富士野峠へ。山岳賞の事が頭をよぎります。
ここでヴェルジェの大将ヴィンテージさんが満を持して上がってきた。
あいつは負けん気が・・とかよく言うあんたが一番だろ!

不穏な雰囲気を切り裂いてこばびぃさんとヴィンテージさんが猛スパート。
先頭のY弟さんタツさんを目指し、カーブの向こうに消えていった。


20130812_17


私はポートなかやん、裕さんと平和にヒルクライム。
密かに思ったのだが、富士野峠には拍子抜けした。構えて損した。
頂上らしき手前のカーブに差し掛かったと同時に、裕さん&なかやんの間からアタック!
せこい猫だましで、富士野峠第2班の山岳賞は頂戴致しました。


20130812_18


頂上で全員揃ってからトンネル越え。


20130812_19


ここで、トンネルを越えた後の段差で私のデジカメが落下。
後続の兄さんが急ブレーキで危ないところでした。すいませんでした。


20130812_20


幸いデジカメは谷へ向かって転がる事はなく、レンズ脇の固い部位から接地したお陰で壊れる事もありませんでした。
こばびぃさん、拾ってくれてありがとうの一枚。


20130812_21


ぎゅぎゅーんと下っていきます。涼しさに鼻歌が漏れそうです。
ただ、片手デジカメで走行ラインが破綻してハワワワな瞬間をこばびぃさんに見られてはずかちかったです。
前はなかやん。後ろはこばびぃさんという湯原350km戦士ふたりに守られて盤石の態勢だ。


20130812_22


下って明延振興館で休憩(走行59km)。
さあここからが太陽に晒される本番の始まり。先頭集団に混ざって頑張ります。


20130812_23


ローテの先頭で飛ばしてしまい、千切った~とバカみたいに喜んだら左のふくらはぎが攣りそうになった。
アダダダ!やばい。すぐに集団に吸収され、それにもついてけずに脱落。とても格好悪い。


20130812_24


足を揉みながら一人旅していたら、落ちてきてくれましたよ俺だけのポートが。なかやんありがとう!
ポートの献身的なアシストで足攣りを回避し、事なきを得ました。


20130812_25


後続待ちの信号休憩で慌ててメイタン2RUNをボリボリ。時すでに遅しか。
いよいよ暑さが洒落にならなくなってきました。
止まった瞬間に路面からの熱で炙られるようです。キツい!おかあさん!


20130812_26


暑さに耐えつつ、何がどうなってんのか分からない道を走って、見覚えのある場所にやってきました。


20130812_27


マックスバリュ養父店です(走行84km)。ここは家族で出掛けた時によく立ち寄ります。
こんなとこまで自転車で来るとはと、ちょっと感動。


20130812_28


気温はぐんぐん。汗はだらだら。皆さんも 『暑い』 しか言わなくなってきます。


20130812_29


さっさと出石に着いてしまいたいような、もう帰りたいような。
出石に抜ける緩い坂道も、暑さで辛さ倍増。たまらん!


20130812_30


馴染みある出石の町並みが見えてきました。あああ、暑い。
目的地であるお店に入り、ぐっで~んと座敷に陣取って昼食(走行103km)


20130812_31


皆が皿そばを注文する所を、何故かヴィンテージさんが温かいそばを注文。
このクソ暑いのに意味分からんが、対抗心を燃やして私は温かいニシンそばだ。


20130812_32


熱々の汁そばにニシンの甘露煮が乗っかった。そんな味でした。皿そばにしときゃ良かった。
いなり寿司2個を食べたが、片方の揚げがリバーシブルしていた。ご馳走様でした!


20130812_33


せっかく来たので城下町を散策。
お約束の辰鼓楼で記念撮影し、アイスを食べます。
いったい今、気温は何度なのか。路面の石畳が焼ける様だ。


20130812_34


この暑さの中、折り返し半分あるのかと思うとゾッとします。マジか。
大した坂もないのに、このバテよう。全ては暑さだな。


20130812_35


気合いを入れて出石を出発。先頭は殺し屋のY弟さんだ。


20130812_36


そして写真は20km先の道の駅やぶまで飛びます。


20130812_37


んもうね、この区間がマジで危なかった。
熱中症になった事はないが、おそらく瀬戸際だったに違いない。
「なんて厳しい趣味なんだ!」と心の底から思った。
微妙な追い風のせいで身体が冷えず、吐く息すらも熱い。
頭痛、吐き気、泣き気が私を包んだ。なぜペースダウンや休憩を要求しなかったのか私よ。危ないやろバカ!

道の駅で腰を抜かすように座り込み、呆然とする。
すぐそこにファミマがあるというY兄さんのデマに踊らされて道の駅外周をとぼとぼ歩いて更に消耗。
限界の文字がチラつく私を尻目に、裕さんは仕事場の方が熱い!と熱弁。すげえわ。
こばびぃさんとかなかやんも割と平気な顔だ。
タツさんに至ってはキャッキャはしゃぐ余裕すら見せる。化け物か。


20130812_38


とにかく一秒でもと粘って氷で身体を冷やし、再出発。
この時点でサイコンのATLASはバッテリー切れ。静かにその役目を終えていた。
もうどうでも良かった。お家に帰りたかった。


20130812_39


休憩で命拾いしたようだ。先ほどまでより身体が軽くなった。
こうなると、如何に休憩前が危なかったか思い知る。厳しい趣味だ。
生野へと南下し、生野峠に差し掛かる。


20130812_40


これだ、これだけでもう終わりだ。オーバーヒートしないよう、ゆっくりと坂を登ります。
アホなトラックに寄せられても怒る気力も出ません。


20130812_41


そして、やっと峠を越えて生野駅前のローソンに到達。
後続の小豆さんも私と同じく熱にやられてヘロヘロの模様。
ヴィンテージさんが付き添って帰るので、我々は先に行く事となりました。


20130812_42


さて生野駅裏からは待ち望んだ涼しいエリアの始まりだ。
播但線と併走する様に山間を下っていきます。日陰が多く、別世界の様に涼しい。


20130812_43


身体が冷えたらこっちのもんだ。
先日の淡路一周と同じく、みるみる力が溢れてきた。

ここで、タツさんのタツトレが勃発。時速45km前後でのローテーションが始まりました。
もたもたしてると容赦なく鬼教官タツさんの檄が飛びます。
こばびぃさんもはりトレモードでダークサイドこばびぃに変身。競技だなオイ!
必死で隊列にしがみつきながらも、私は狙ってました。

このまま回して寺前駅の手前でスプリント合戦になるのは合点承知の助。
私が動けるデブだという事を証明してやろうじゃないか。
結果、超ごっつぁんゴールでしたがどうにか先頭を獲る事が出来ました。
ええもう、飛び上がるほど嬉しかったです。ヴィンテージさんが不在だった事が悔やまれます。


20130812_44


駅前のスーパーで休憩していると、なんとヴィンテージご夫妻が追い付いて来られました。
小豆さんも私と同様、下りの涼感エリアで大復活を遂げていたのです。
さすが270km走って乾杯できる主婦だ。旦那の鍛え方が違うんだろね。


20130812_45


後はもう、頭の中でエンドロールが流れていました。


20130812_46


日が傾き、気温は徐々に下がっていきます。


20130812_47


坂でタツさんがダンディズム爆発。
私も習って、一日アシストしてくれたポートなかやんの背中を押して大いにウケた。


20130812_48


前之庄からは定番ルートで南下。先導はヴィンテージさんだ。
おっさん、今度は正々堂々勝負じゃ。坂はダメよ!


20130812_49


横関交差点でタツさんと、お尻が再脱皮したらしい裕さんとお別れ。
少し下って、かいちょう名物のはたおっぴー峠に行くというポートなかやんが離脱。あんたほんま好きね!


20130812_50


そして槻坂の手前でこばびぃさんと別れ、ヴィンテージさん夫妻とは槻坂頂上で解散。
一人で最後の余韻を噛み締めながら市内へ向かいます。
中井橋辺りで感情がピークに達し涙腺が危なくなった所で、自動車にホーンを鳴らされた。
あらら!チキン野郎さんでした。
「こんな猛暑ツーリング、死者が出るわ!」と叫びましたが、涙目だった事に気付かれましたでしょうか。


20130812_51


帰宅して湯船に浸かる間もなくシャワーで済ませ、打ち上げに本部の本店へと集合。
一緒に一日頑張った仲間で大いに飲んで語らいました。
皆の一致した意見としては、この暑さで200kmツーリングは本当に危険だという事。
だいたい、我々以外のローディーの一団には一切出くわさなかったからね。

自転車は厳しいけど、最高の趣味だ。皆さん、今回も本当にお世話になりました。
この上ない夏の思い出が出来ました。


20130812_52


宴もたけなわで、炎天下で私に尽くしてくれたポートの足が遂に悲鳴を上げた。
チームVENTOS所属。播磨のリッチー・ポートが悶絶し、居酒屋の座敷をのたうち回る。
ありがとう。そのひと攣りひと攣りが、友情の証だ!







スポンサーサイト
  1. 2013/08/12(月) 16:53:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<EAST END | ホーム | 暑いとは、こういう事だ>>

コメント

お疲れさま。
大勢で行くツーリングは楽しい。
EbiOm祭り成功に感謝です。
次回も参加してよ!
  1. 2013/08/12(月) 20:26:08 |
  2. URL |
  3. BM-2(かずのり) #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> BM-2さん

昨日はありがとうございました。
ルートから何から、お世話になりました。
程よく牽き殺して頂きまして。
また次も行きたいにゃあ!
また次も行きたいにゃあ!
ああ〜、また次も行きたいにゃあ!
  1. 2013/08/12(月) 20:40:44 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

暑いときは、厚い装備で。。。

日曜日はお疲れ様でしたm(__)m

私と、裕さんのボトルの本数覚えてますか?
ツール缶1本と、ボトル3本
1本の大きさではなく、本数です。

1本の大きいのは、ドリンク用
後の2本はかぶり水です。

猛暑の中を走るための装備、それは冷却水です。

最低でもドリンク用とかぶり水用、2本お持ち下さい。

それとアームカバー
暑いお湯でも、アームカバーにかければ走行風で冷却効果があります。
頭の帽子も水をかければ同じ効果があります。

化け物でもなんでもありません、身体に負担をかけない様に走っただけです(汗

寺前スプリントは、お見事でしたm(__)m
完敗です・・・
  1. 2013/08/12(月) 23:21:59 |
  2. URL |
  3. タツ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 暑いときは、厚い装備で。。。

> タツさん

ツーリングではお世話になりました。
ローテの勉強、大変有難かったです、

ボトルの件、なるほどなるほどであります。
キャップが冷却に有用とは考えが及びませんでした。
さっそく色々と試させて頂きます。
寺前では花を持たせて頂き感謝致します。
あの思い出で当分ご飯が美味しいです!
ありがとうございました〜
  1. 2013/08/13(火) 01:13:56 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

メラメラ蜃気楼

お疲れ様でした。
心身共に燃え尽きましたね。
本編~反省会と楽しい時間を皆さんと過ごせて
有りがたく思っております。
次回はナイロ・キンタナになって貴方を追いかけますよ(笑)

P.S.
ビデオ倫理審査により、スプリント動画は公開できませんがあの爆発的スパートはお見事でした!
  1. 2013/08/13(火) 21:12:06 |
  2. URL |
  3. なかやん #-
  4. [ 編集 ]

Re: メラメラ蜃気楼

> なかやんさん

本当にお疲れ様でした。
私の世話で疲れを倍増させたんではないかと。
あれから数日。あの日の思い出に生きているといっても過言じゃござんせん。
私はエビンディシュになります。

ああぁ〜っ、またみんなとヒーヒーいいたいなア!
また個人的に動画を拝見させて下さいね!
  1. 2013/08/13(火) 21:29:11 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tryangow.blog92.fc2.com/tb.php/1048-73877c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する