エビのオムレツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LEGACY

登校前の土壇場で、鉛筆が削れないと娘が声を上げた。
おい、その鉛筆削りは買ったばかりやぞ!
ポケモン柄の手回し鉛筆削り。確かに中で空転して削れない状態だった。
赤さんがいの一番に駆け寄ってきて潔白を主張した。おめえか。

よおしバラバラにしてやろうとドライバーを探してたら、何故か勝手に直った。
なんでやねん。これじゃあいつまた発症するか分かったもんじゃない。
それにしてもヘボい鉛筆削りだ。なんたる脆さ。これで何機目やねん。
逞しい電動タイプが欲しいのですが、短命な4流メーカー品や至極簡素なモノしか見当たりません。
どうなっとるのかね。


20150409_01


仕事場には、私が子供の頃から使っている電動鉛筆削りを置いています。
三菱電動シャープナー・ES-17型。5段階の削り具合調整ダイヤルを搭載しためんこい奴だ。
必要以上に重くてタフなボディはまるで鉄下駄。足元の吸盤だって今でも大地に吸い付くぜ。

なんだか気になってメーカーに問い合わせてみた。
寂しい話、三菱鉛筆は電動それ自体の製造から撤退したようです。部品調達やコストがどうのこうの。
ではではと、我がES-17型について尋ねたらオオオと唸られた。
ES-17型はデジタルデータが存在しないらしく、わざわざ古い資料を漁って下さいました。
結果、判明しました。ES-17型は新しくとも1983年製で、下手すりゃ70年代との事でした。
すごいなおい。ご機嫌にガンガン使えてるYO!と伝えたら、えらく感謝して頂きました。
ヴェルジェharuさんやBJCムラPさん宅でも同様の代物が現役として活躍中らしいです。素晴らしい!

こんなに頑丈な電動鉛筆削りはもう滅びたみたいですね。
ES-17は一生モノにするつもりで大切に使っていこうと思います。
つまり、家には持って帰りません。赤さんが落ち着くまでは。






スポンサーサイト
  1. 2015/04/09(木) 01:03:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタリオン | ホーム | 火曜I練>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tryangow.blog92.fc2.com/tb.php/1659-4b9ac239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。