エビのオムレツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幻のB

嫁さんも人の子。
14日のツーリング中止でがっくり肩を落とした私に、1日の自由をくれた。
私以外は、嫁さんの妹一家と一緒にプールへ行く事になった。
嫁2人子供6人を率いる役回りとなった義弟には、感謝の言葉もございません。

ウホッ、やった!そうなれば自転車で向かう所はひとつ。
先日、空腹と疲労の極地で私の自信を粉砕してくれた岡山に決まっとるじゃないか。
本当はみんなでワイワイ走ってた岡山しかあり得んじゃないか。

前夜から浮き足立ち、零時を過ぎても全く眠気が来ません。こうなれば自分とのチキンレースだ。
二日酔いか寝不足か。二つのリスクの狭間でビールをガブ飲みし、冴える意識を無理矢理飛ばして布団にダイブ。


20120716B_01


で、ばりっと寝過ごしたYO!
予定では既に県外を走ってる筈の午前8時半。
相当暑くなる一日と聞いていたので、涼しい内に距離を稼ぎたかったが失敗。
まぁ、この私が5時に起きるなんてちゃんちゃら可笑しい話だ。

ババっと朝飯を食ってババっと着替えて出発です。
ババっとババもしたので当面ババの心配もなしです。軟便万歳。

今回のルートですが、幻と消えた14日の岡山ツーリング案のうち登りを極力抑えたB案にしました。
総行程160km、獲得標高850mの予想です。距離的に不安はありますが、平坦なので行けると踏みました。


20120716B_02


たつの市役所を出発し、揖保川沿いを北上します。
雲が立ち込めていますが、気温はぐんぐん上がっていくのが分かります。


20120716B_03


ぶっかけ用の水1L、ドリンク1L、背中とサドルバッグにツール類と大量の補給食を積んでいます。
純粋に2kg以上の増量で自転車がクソ重いですが、向かうのは岡山。
ガス欠アボーンの悪夢だけは避けたいのです。

重い筈の自転車ですが、妙にペダルがくるくる周るのは、猛烈な南風が背中を押していたからです。


20120716B_04


幟がすっ飛ぶほどの風はありがたいのですが、後が大変なのは目に見えてます。
岡山で南に下る時の事を考えると、まるで借金を背負わされてるようで憂鬱だ。


20120716B_05


たまに切れる雲の間から、真夏の太陽がビカビカ照らします。
晴れたらエライ事になるぞこりゃ。


20120716B_06


車を避け、東栗栖では179号線と川を挟んで併走する道を走ります。


20120716B_07


カチコチに氷らせたぶっかけ水が早くも溶けて来ている。熱にやられるのが怖いのでピャッと頭に浴びてみます。
ウッヒョー、ええわ~これ。


20120716B_08


さすがにまだ空腹ではないので、テクノ前のローソンはスルーして左折し、数少ない登り区間に入ります。


20120716B_09


登り始めてすぐ旧道に逸れ、旧角亀トンネルへと登ります。う!結構しんどいじゃないか。


20120716B_10


この道は前から走ってみたかった未走区間。


20120716B_11


トンネルを超えて角亀川の側を北上します。


20120716B_12


道幅は狭いが自動車の往来がなく、とても走りやすい道だ。
だがちょっと怖い。何故か?


20120716B_13


ライフル持った爺さんがそこかしこに点在しているのだ。
追い込み猟?電柱に隠れてブッシュを睨む猟師もいる。
道端で危ねえなあ。こんな所でライフル振り回していいのかよと思いながら通過。


20120716B_14


そして179号線に復帰。相坂峠をパスできました。


20120716B_15


ああ~とにかく暑い。既に30度を超えてるだろう。ぶっかけ水を頻繁に浴びます。


20120716B_16


スタート後、30km地点で三日月のローソンにピットイン。
サイコンに入れたB案ルートに、コンビニの位置もチェックして書き加えています。
「ローソン○○店・次は○○km先」と表示させる事で、補給のタイミングを逃さない計画です。
次のコンビニは57km地点の為、水分を補給してゼリーをちゅうちゅう。


20120716B_17


卯ノ山峠の手前を左折して姫新線沿いに西へ向かいます。
徳久ではひまわり満開でした。


20120716B_18


こんだけ茂ったら土の養分はスッカスカなんだろかとボンヤリ思った。


20120716B_20


この辺りで遂に雲が切れ始めた。いよいよ本格的に暑くなり始めるってか。


20120716B_19


もう十分暑いぜこの野郎。綺麗な川の水が冷たそうで魅力的です。


20120716B_21


久崎で373号線に乗り換え、姫新線と並んで北東へと進みます。
この時点で11時前。ひと山越えてコンビニでがっつり昼飯にしようか。


20120716B_22


八塔寺ふるさと村への分岐がありました。激坂は今日は御免だ。


20120716B_23


2kmほどだらだら登って岡山県に入りました。
私ですら楽勝の坂でしたが、負荷が掛かるとグッと暑さが増します。
ぶっかけ水と汗がまだらになって流れ落ち、マドンはみるみる汚れていく。


20120716B_24


美作市街へ向かう下りは、追い風も手伝ってかっとびです。
待っとれよローソン冷やし中華あぁーと飛ばしていて、道端に中華料理屋を見つけた。
お世辞にも立派な外観でないプレハブっぽい簡素な外観。判定ハズレと見た。
暖簾の“ラーメン”の文字に一瞬ぴくっとしたが、ブレーキは掛けずに通過した。


20120716B_25


暫く走っていて、さっきの地雷っぽい中華屋の事を思う。
ローソン冷やし中華も捨てがたいが、一期一会のベタな中華そばも存分にアリだぞ・・・
やる気ゼロの汚いオヤジ店主が居たら、それはそれで思い出づくりには成功する。


20120716B_28


よっしゃ!エイやっとUターンし、中華屋まで戻って暖簾をくぐった。
入ってびっくり。お店は母娘らしき女性お二人で切り盛りされていた。あら素敵。
過剰なデカさと轟音響くエアコンの側に座った。何て涼しいんだ。これだけで満足しそうになる。

メニューを見ると、ラーメン以外にもメニューは充実してます。がしかし私はラーメンを食いに来たのだ。
“お勧め”のみっちゃんラーメンをチョイス。満腹になる為に中ライスもついでに。
さあさあ、何ラーメンが出てくるか気が気でない。
お母さんが野菜を中華鍋でゴオオオと炒め、娘さんが麺を茹でて盛りつけ。


20120716B_27


おお、野菜たっぷり系ラーメンでしたね。スープもちゃんぽんのそれに近い感じ。
つるつる細麺に多少面くらいましたが、手作り感に溢れた美味しく優しいラーメンでした。

しかしラーメンもライスも盛りが男前で、これ全部食ってペダル漕ぐって嘘だろ?な量です。
が、これで残しちゃラーメン好きの名が廃る。
後先考えないのは得意な方なので、リバース上等で全汁まで平らげました。うっぷっぷ。


20120716B_26


聞かれもしないのに、何処から来て何処へ行く予定だと演説してお店を後に。
ご馳走様でした。次は団体でお邪魔させて頂きます。


20120716B_29


極上の膨満感を抱えて美作の地を駆けます。
ラーメンを食ってる間に太陽はより本領を発揮したようで、じりじりと肌が焼けます。
頭がファーンてならない様に、立て続けに水をぶっかけ祭り。


20120716B_30


以前に車で寄った事のあるホルモン店を見つけました。
おお、ここまで来たのかと感心し、このあと必ず食らう向かい風に不安を覚えます。


20120716B_31


猛暑に耐えかね、57km地点のローソンで水と氷(大)、ドリンクを購入。
2本のボトルに氷をぶっ込んだら、2Lの水がアホほど余った。
駐車場の隅っこでバッシャ~ンと浴びて少しでも身体を冷やします。


20120716B_32


本日デビューの新レーパンですが、履き心地いいですね。
何よりパッドが良い感じ。さすが新品。
クール素材の恩恵はハッキリしませんが、お腹周りがローライズ気味なのでとっても楽ちん。
走りながらでもCP微調整がし易いのもローライズの恩恵だね。ちんこポジションの事です。


20120716B_33


さあ、いよいよ湯郷に到着。しかし65km地点なのでいよいよとは言えません。
あと100kmほど残ってるのかと思うとゾッとします。太陽どっか行け!
午後1時の日差しは容赦なく、まだまだ暑くなりそうです。


20120716B_34


信号が続くと、重装備の自転車が恨めしく思えてきます。


20120716B_35


2Lも水を積んでるからしんどいのか、しんどいから2L積んでるのか、思考は鈍く堂々巡りします。
足自体は全然大丈夫です。だってろくに登ってないもの。


20120716B_36


湯郷以降は瀬戸内海を目指して南へ下ります。吉井川に沿って、西岸の362号線を走ります。
東岸の374号線は車がバンバン走ってますが、こちらは交通量が無に等しい。


20120716B_37


いやホント誰も通らない。舗装も悪くない快適区間十数kmでした。向かい風がなければね!
ばっちり午前中の追い風のツケを払わされましたわ。登ってんじゃねえぞ~


20120716B_38


蒲焼き状態でヘロヘロ南下していると、記憶にある交差点に出た。
おお、片鉄じゃないか。片鉄ロマン街道の終盤に合流です。ここから起点の片上まで南下します。


20120716B_39


片鉄ですが、こないだは泥と石まみれだったのが随分片付いてましたね。
ちょうどヴィンテージさんがパンクするかしないか位じゃないでしょうか。

ここで今日初めてローディーさんとすれ違います。速そうなお二人連れは、やはり暑さに苦悶の表情でした。


20120716B_40


忌まわしい棚田坂への登り口です。ここを左折すれば天国への近道となりますが、もちろんスルー。


20120716B_42


今日も天瀬駅跡で休憩。
前回、この駅舎のテーブルに忘れ物らしきメガネが置いてあったのですが、今回はグローブが置いてありました。


20120716B_43


和気まで頑張れば次なるコンビニがあるので、残った水でシャワーパーティー。


20120716B_44


水びたしでホームに寝転んだら、駅舎の軒先に例のメガネ発見。いたずらっ子はどこにでも居るのだ。


20120716B_41


少し休憩して出発。10分程度のつもりだったが、後でログを見たら25分も休んでいた。
休憩ばかりの走り方では、お仲間と走った時に迷惑をかけちまうだろなあ。

時間は午後2時半。暑さは時間と共にうなぎ登りである。
一体いま何度あるのか。我がサイコンに温度表示がないのは、ある意味幸運なのかもしれない。


20120716B_45


片鉄を見直したのは、木々が日光を遮ってくれる場所が多い事ですね。
随分と助かりました。


20120716B_46


和気駅近くのコンビニでガリガリ君とゼリーを摂取。もう食欲はありゃしません。
氷ったお茶を背中に挿し、水も補給して走り出します。


20120716B_47


片鉄を終えて走行110km。ここからは海沿いを東へ向かいますが、どうも暑さのピークが来たみたい。
少し傾きかけた太陽が、東を向く私の首筋をぎらぎら焼き付け熱い痛い。


20120716B_48


とにかくこの日差しをどうにかしてくれと願う。
いつもの様に、ショールームのガラスに映る自分を見て喜ぶゆとりもありません。
コンビニで充填した氷など、すぐに跡形なく溶けて失せます。あっち~


20120716B_50


やっと見覚えのある町まで帰りました。日生です。
この店の水餃子が美味いそうですね。この時は全く興味が出ませんでした。


20120716B_49


峠を二つほど越え、やっと赤穂です。兵庫県に帰って来ました。


20120716B_51


ここを下った後、若干気温が下がって来たのに気付きました。時間を見ると5時。すっと身体が軽くなります。
新田交差点の先のコンビニで最後のピットイン。


20120716B_52


食欲も沸いてきたので、意外と好物なミルコを頬張りコーラを流し込みました。


20120716B_53


そういえばこの日の13時頃に赤穂駅前に白い彗星が出没するとのタレコミを頂いてましたが、スーパーヒーローは本当に現れたのでしょうか?

千種川を横切って坂越湾。最後の海岸線です。
西日を山が遮って快調そのものです。ラストスパートじゃあ!


20120716B_54


ガンバレ発電所をおりゃーっと越えて白龍城に到達。
非常に行きたくない七曲がりは幸いルート外なので、相生駅方面から最後の踏ん張りを見せました。


20120716B_55


自宅にゴールして走行157km。
獲得票高は1300だけですが、それにしたって殆どが緩慢な坂ばかりだったので、登った実感は皆無です。
今回、B案を走ってみましたが、暑くさえなければ私でも余り苦労しないルートだったと思います。


20120716B_56


一夜明け、足は何ともありませんが肌へのダメージが深刻です。
紫外線対策の必要性を痛感した連休の終わりでした。







スポンサーサイト
  1. 2012/07/17(火) 18:39:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<リセット | ホーム | 火の国>>

コメント

そっちも、すっかり&しっかり夏じゃの~。
頭ファーンなって、一人山奥で野垂れ死にせんように。
  1. 2012/07/18(水) 07:25:13 |
  2. URL |
  3. うなぎ犬 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>うなぎ犬さん

熱中症怖いねえ。ゴルフも結構危ないんじゃねえの?
  1. 2012/07/18(水) 08:05:11 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

暑い中お疲れ様です(^^)/
なんかうらやましいです。
ボキも行きたかったです。

ゆうか、なんやかんやゆうて1300はごっついとおもいますよヽ(^。^)丿
  1. 2012/07/18(水) 09:56:29 |
  2. URL |
  3. かいちょう #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>かいちょうさん

ひもじくならないをコンセプトにタラタラ走ってきました。
緩い坂が何カ所かだけなので、まるで登った気がしない楽ちん1300です。
暑さは私史上最強でしたけど。
ゴリゴリ系の皆さんのアベ見てたら引きます。
私は完全にオイテケボリーナですね。
  1. 2012/07/18(水) 11:47:55 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tryangow.blog92.fc2.com/tb.php/640-271539b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。