エビのオムレツ

リセット

子を持つ親として、心穏やかでいられない報道を目にします。
イジメを苦に被害少年が自ら命を絶つという、どうにもやるせない事件です。
加害者を含め学校や教育委員会等のみっともない保身すっとぼけはどうでもいいです。


20120718_01


私も中学時代は闇を過ごしました。
いま思い返せば、どうして反撃出来なかったのか自責の念は確かにあります。
あの頃それが出来たなら、そもそも的にかけられる事も無かったとは思います。
周りを当てに出来ないのも分かります。
であれば、どうか耐え抜いて下さい。
長い人生から見れば、例えば中学なんて僅か3年ぽっちです。
フルでいじめられても1095日。土日祝や春夏冬休みを差し引けば、ここから3割超は省けます。
ずる休みをちょっと頑張ったり、上手に立ち回れば5割削減だって現実的じゃないですか。
乗り切って生まれ変わって、女の子の一人や二人キリキリ舞いにさせてからでも自殺の検討は遅くないですよ。

学校だけでなく社会に出ても、イジメはどこにでもあります。
人生は岐路の連続で、どう生きるかは己の選択に懸かっているのです。
私は、人は変われると信じています。






スポンサーサイト
  1. 2012/07/18(水) 19:17:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<机上の空走 | ホーム | 幻のB>>

コメント

この問題にも、そろそろ触れられるのではと思っておりました。
まさにそうですね、見るに耐えない保身すっとぼけ。
許せません。
まず思うのは「イジメ」と言う言葉が、耳ざわりと事の重大さとを和らげているように思えてなりません。
同じレベルで抵抗できない、あるいはしない相手を、玩具にして遊ぶ・反応を見て楽しむ・思うように道具にして扱う、など・・・、
加害者の意識はすでに人扱いではなく、物や幼児・動物に対する虐待であり犯罪です。
「イジメはいけない。」「イジメはだめだ。」
言葉ではよく聞きますが、なぜいけないのかを同時にしっかり教えていくべき。
そして、自殺の道を選ばれるような方に伝えたいのは、
自ら命を絶つほどの、凄まじい気合と勇気と根性がおありになるならば、
どうか死など選ばず、世界を変える人生やり直しの一歩へ踏み出して欲しいです。
自ら命を絶つ事しか見えない虚無の心に囚われた場合にも、自ら死んで楽になる・開放されるなんて事は決してありません。
人生という長く短い勉強を途中で投げ出して、最高の卒業証書が貰える訳はないのです。

短くと思いつつも少し長くなり申し訳ありません。
  1. 2012/07/19(木) 00:12:29 |
  2. URL |
  3. 山鳥 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>山鳥さん

イジメの根絶は机上の空論と存じます。
加害者となり得る非道でアホな連中は、掃いて捨てるほど存在します。
それを前提とし、厳しいようですが原因を被害者自身が自分の中に追求すべきと考えます。
経験者としての率直な意見です。
  1. 2012/07/19(木) 01:09:01 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

ほんとそうだね。相手を変えようと思うよりは、
自分が変わってみるのも一つの方法。
そうしたら周りが変わって見えたりするもの。
でも無理しちゃダメよ。我慢もダメ。
誰か解ってくれる人は必ずいるから。

この年になると見えてくるものがありますね。
子供がおかしいんじゃなくて、すぐそばの大人が変よ。
物の善し悪しわからない大人が子供を育ててるのね。
って思う事が多いです!><
加害者も、大人の被害者だったりするのよね。
被害者も加害者も、どちらも切ないよ。
  1. 2012/07/19(木) 10:24:30 |
  2. URL |
  3. りえりん♪ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>りえりん♪さん

確かにアホがアホを産むのが根源ですが、鶏卵論になってしまいますね。
少なくとも我が子は加害者にも被害者にもならぬ様、試行錯誤の毎日です~


  1. 2012/07/19(木) 12:27:17 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tryangow.blog92.fc2.com/tb.php/641-7e9274d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する