エビのオムレツ

ガンバライド京都

久方ぶりに休みを取りました。
当然、腹いっぱい自転車に乗る為です。
小豆島寒霞渓アタックも考えましたが、毎日吹き荒れる西風にそそられて京都に向かう事にしました。
初めての自転車フェリーに尻込みしたんだろと言われれば図星。心細すぎたのだ。

2年前にクロスバイクで挑んだ京都です。
地獄の372号線。坂また坂でヘロヘロになり、翌日は足が棒になって錦市場で中国人と間違われました。

自転車に乗った中で屈指のしんどさであったと記憶しております。
今回は観光もグルメも、お色気も期待しません。
あれからロードバイクを買い、ヴィンテージさんと死闘を繰り広げ、どれだけ私が進歩したかを試す為の京都行きです。


20121227_05


前回のゴールは暴君Oさんが出張で住んでいた京都太秦でしたが、今回は京都駅を目指します。
ええ、往復などハナから頭にござんせん。2回目の輪行です。

前日にパッキングの練習をしましたが、そりゃもう見事なウニが出来上がりましたYO!
急遽、TOMATO特製の輪行ビギナーズガイドをリュックに詰めました。これでたぶん安心。
パニックになったらTOMATOに電話で泣きつこう。

6時に起きて6時半に出発しようと思ってたのに、起きたら8時半でした。
前回は6時には出発してた筈だが、3時間のアドバンテージをどう詰められるかも見物だと余裕ぶっこきです。
いつもなら馬鹿みたいに朝から食う所ですが、あえて何も食わずに出発。

今回は、きっと寒いであろう篠山も通過するので防寒仕様。
耳と首にはウォーマー。シャツ2枚にウインドブレークジャケット。下はロングタイツに桐灰靴下+爪先カイロ、シューズカバーで出撃。


20121227_01


まずは5号線で槻坂。
おお!腹が空っぽだからか、身が軽い。


20121227_02


車も少なく非常に快適です。晴れ渡る青空、いいじゃないか!暑いじゃないか!
早くも汗が垂れてくる。驚きの燃焼系ボディだ。


20121227_03


朝食を摂ろうとセブンイレブン姫路書写店に停車。もうもうと湯気を立ち上らせて店内へ入る。
レジが混んでて、待つ間にボタボタ汗が垂れて恥ずかしい。
肉まんとお握りとコーヒーという、通常なら考えられない簡素な朝食。こばびぃスタイルの実験だ。


20121227_04



姫路城方面へ向かいます。信号待ちで薬屋の幟を見てニンマリ。
いい感じじゃないか!押せ押せムードだ。風は友達。


20121227_06


鼻歌交じりで姫路城をパス。
信号待ちの度にサングラスが曇るので、耳と首のウォーマーを外しました。


20121227_07


さあいよいよ、372号線の始まりです。
気力体力ともに充実でござる。事故りませんように。


20121227_08


おひるねラッコがまだ健在な事に驚いた後、姫路セントラルパーク前で早くも空腹ピットイン。
兵庫県すら出ない間に赤さんへのお土産を購入。そして栗まん一個。
まだ20kmほどしか走ってません。
あくまでもちょっとずつ、ちょっとずつ補給してみます。


20121227_09


今回はサイコンの地図画面は使わず、メーター表示で固定します。
こないだのハヤシライスツーリングの時、不要な操作でログ録りに失敗してウギャーだったんです。
372号をひたすら走るだけなのでルートも入れてません。
マップモードは封印。バッテリーも心許ないので輝度を下げ、完全にログを録りきる算段です。
おっさんの思い出づくりですね。


20121227_10


緩やかな坂道を越えて加西市へ。青空はいいんだが、相変わらずトラック頑張る372号線である。


20121227_11


本日の幅寄せ一等賞はこの緑のデカイのです。
お仕事中、ちょろちょろ端っこ走ってすいませんね過積載さん。


20121227_12


細かいアップダウンが続きますが、ガオ~って走ってる訳じゃないので楽々です。
播磨中央公園の近くに来ました。ふむふむ。


20121227_13


この時点で走行40kmちょい。記憶が確かなら、前回は60km辺りで悶絶した筈だ。


20121227_14


山岳に備えてセブンイレブン社松尾店でイチゴ大福を補給。
ところが、噛んだら中身が濃いクリームでがっかり。
そろそろシューズが緩くなってきました。朝のむくみが収まったみたいですね。ぎゅっと締め込みます。


20121227_15


向こうに連なる山が見えます。372号線が本性を表すのでしょうか。
だんだんと雲行きが怪しくなってきます。むむむ。


20121227_16


どんどん気温が下がり、子午線の辺りで遂に降ってきました。アラレがぱらぱら。
いちちちち、慌てて耳と首のウォーマーを装着。
いつの間にか風向きも変調を来し、前から横から私とマドンに絡みついてきます。しんどさぶっ!
『ぐっしょり濡れちゃったわ』 なんて独り言でヘラヘラしてたのも、この辺りまで。


20121227_17


さてそろそろキツい山だぞ~っと覚悟して走ってみるが、せいぜい3~6%程度の坂で拍子抜け。
斜度どうこうよりも、刺す様な寒さが辛い。


20121227_18


寒くて尿意が押し寄せる。
2年前に休憩した池のほとりで失礼させて頂いたが、寒さでティムポがお菓子のコロンみたいになっててワロタ。
キャムタマは完全に体内へ格納されている。人間の身体ってよく出来てるなあ。


20121227_19


休憩してしまうと余計に冷えるのですぐに出発。
頂上と思われる60kmポイントを震えながら越えると、やっと篠山市に到達。


20121227_20


寒すぎて下りが飛ばせましぇん。ガクガクブルブル・・・
篠山市が始まった途端、雲が変だ。気温も格段に下がったのが分かる。


20121227_21


勘弁してくれよとゲンナリして走ってたら、いつの間にやら路面がウェットになり、


20121227_22


アラレとミゾレの吹雪です。ホワイティ篠山。
寒さと視界の悪さ、スリップの恐怖で生きた心地がしません。ほげげげげ!
アップダウンはどうでもいい!寒さと痛さをどうにかしてくれ。
押し戻す様な突風が憎い、トラックに踏まれちゃいそうで歩道を走ります。
体中べったんこです。手足の先の感覚が無くなってきました。お家帰りたい!

デジカメのレンズカバーが凍てついたのか、お目々が開きっぱなしになってしまった。
なんて寒さだ畜生。


20121227_23


止まったら死ぬと思ってペダルを漕ぎ続け、ふと吹雪が弱まったところでローソン篠山八上下店に非難。
あれれ?ここも前に寄った店だわ。この時点で走行80km。
停車してマドンを確認すると、見るも無惨にどろんこ。ボトルの水をぷしゅぷしゅかけて泥を落とします。
食事スペースが死ぬほど有り難い。どっかり腰掛けて暖を取ります。
さぶさぶさぶさぶ・・・。水浸しの靴下をぎゅっと絞りますが、湿り気までは取れません。


20121227_24


前と同じ様にどん兵衛(特盛)を食す。美味くてデカくて飽きた。
余りすぎた汁を店員さんに処分して貰い、振り返ったら外はちらちら舞い始めていた。
雪に追いつかれた!あんな吹雪はもう御免だ。
すぐに準備して出発。


20121227_25


雪雲から逃れる様に篠山を駆けます。風すごいよ風。


20121227_26


天引峠まで逃げたら雪が止んだ。やれやれです。
天引トンネルを越えたら、いよいよ京都だ!


20121227_27


はい京都です。
凄いですね、行く先が真っ白で笑っちゃいますね。ホワイティ京都。


20121227_28


そこからまた雪と闘い、風に逆らい、鼻水おっぺけぺで、今度こそやっと青空が見えてきた。
風も追い風に変わった。そうなりゃぶっ飛ばしたい所ですが、身体はギンギンに冷え切っております。
その中でも特に左足の爪先が、痛みを通り越して感覚が無くなり始めていた。


20121227_29


街中で凍傷なんてあんだろうか?ちょっと怖くなって路肩のベンチで停車。
親指に力が入りません。焦ってカイロを当ててみるも、カイロ自体が水死してます。
揉んだりハーハーしたりで動かせるまでに回復させ、左足のベルクロを緩めにした。
シューズカバーからは水が滴り落ちてます。
こうなりゃただの重り。捨てて帰ろうかと思いましたよ。
濡れた靴下で皮膚がぶよぶよになって気持ち悪いなあ。お家帰りたいなあ。


20121227_30


爪先の痛みが和らいだので、気が変わらない内に風に乗ります。
亀岡市をいい調子で南下していると、いよいよ9号線の標識が目に付き始めました。
これに乗ったら京都駅まで連れてってくれるぞ。後はひと山越えたら京都市内だYEAH!


20121227_31


景色が一気に都会味を帯びてきました。交差点がややこしくなってきます。
9号線によいしょっと乗って走っていると、道が登り始めた。
おお、これがトンネルへと続く坂道か。いよ~し、頑張っちゃうぞお!


20121227_32


これを越えたら、残すは平坦だけです。
『重力と敵対しない』 などと、受け売りの気合いでフガフガ登って行きます。
うッ!以外とキツい。なんじゃこの斜度、今日イチじゃねえか。
雰囲気としては高田台の親玉ロングバージョンといった所ですね。
上記の通り、山肌に並んだ住宅街を登っていきます。しんどっ!

こんな所に家を建てたら強くなるだろなあ、あの婆ちゃんも脱いだら凄い足なんだろか?
そんなしょうもない事を考えながらよろめきます。重力と真っ向勝負です。

やがて、私は不安に包まれました。
しんどいからでなく、間違いなく前回はこんなとこ通ってないからです。
中央線もない9号線など、あり得ない。方角もてんで分かりません。何処だここ?

本来は停車すべきですが、自殺願望に襲われた私はヤケクソで頂上を目指しました。
余計なヒルクライムを登り切ったら、後は下るだけ。亀岡市つつじヶ丘と書いてありますが、ハァ?です。
日はどんどん傾き、焦りと寒さで泣きそうです。

駆け足で走るサラリーマン風の男性が来た。オタスケマン1号だ。後で2号も登場します。
逃がすまいと、前輪で通せんぼ風に声を掛け、京都駅はどっちでしゅか?と悲しげに尋ねます。
すると、ここを右折して下ればすぐに9号線と交わると教えて頂いた。
私の勘とは真逆だった。やばいやばい。
1号さんに礼を言って下っていくと、確かに出ました9号線!やっとだ。
後でログを確認すると、372号線から見事に9号線を2度またいで筆記体のLの字を逆さに描いて寄り道坂練していた。


20121227_33


今度こそ9号線に乗り、老ノ坂峠を登ります。


20121227_34


気温表示は2度ですが、ホワイティ篠山を味わった私には寒くもなんともありません。


20121227_35


老ノ坂トンネルをくぐって遂に京都市内に入りました。下りの赤いモコモコ舗装、あぶないYO!


20121227_36


坂を下ったら大都会。
そろそろ夕方のラッシュが始まりそうな雰囲気だ。急がねば。
京都感溢れる地名に感心しながら9号線をひた走り、桂川を渡ります。


20121227_37


本当は渡月橋に行きたかったのですが、私の頭の中はホームシックで一杯です。


20121227_38


この写真の自転車に乗ったお兄ちゃんの後ろを暫く走ってましたが、さすがにペースが合わないのでギュンと抜き去った。
その後、信号待ちでまごまごしていて抜かれ、また抜いて。
いいかげん目障りなので信号ギリギリで突っ切って大きく引き離す事に成功した。

スッキリしたら、また不安が襲ってきた。
9号線を走ってたら京都駅の看板が出る筈だ。筈なのに出ない。一向に出ない。
行き過ぎたのではなかろうか?自分の土地勘に対する信頼度がゼロだけに、判断のしようがない。


20121227_39


どうやって渡ればいいんだ的な巨大交差点で立ち往生していると、さっきのお兄ちゃんが並んできた。
恥を忍んでお尋ね申しましたよ、2号さんに。
話してみると、これがまたいい人でした。丁寧に説明して下さいます。
もうちょっと我慢して進めば、カラスマル通りなる通りがあるから、そこを右折すれば京都駅らしい。
私が非京都民である事を見越して、烏に丸と書いて烏丸通りとまで空中に字を書いて説明して下さった。


20121227_40


よほど心配されたのか、2号さんは交差点の度に 「まだですよ、あと少し」 と声を掛けて下さいます。


20121227_41


そしてめでたく烏丸通りへ折れ、京都駅に到着致しました!ありがとう京都の皆さん。
やっと帰れる嬉しさがこみあげます。


20121227_42


衆人環視の中、自転車をバラします。
とてもじゃないがビギナーズガイドを出せる雰囲気ではありません。


20121227_43


さも慣れた人間であるかのように袋詰めしました。外観だけは問題なしですね。
どれだけ時間が掛かったかは、日の暮れっぷりを見てお察し下さい。

身体が冷えて凍えそうです。早く温かい列車のシートに座りたい。
ヘルメットはリュックに抱きつかせ、ロングタイツの上からナイロンウェアを履き、輪行袋を背負って緑の窓口を目指しました。


20121227_44


18時12分発、のぞみ117号です。いいんだよ!グリーンだよ!
赤福は嫁さんへの土産です。大箱である事に、私だけ楽しんで申し訳ない気持ちが表れていますね。


20121227_45


進行方向を向いて一番後ろの席をリザーブし、座席の後ろに輪行袋を置きました。


20121227_46


グリーンなので両サイドとも二人席なんだね。シートも馬鹿みたいにデカいぜ。
数え切れないお絞りを要求し、首から上を拭き倒しました。


20121227_47


19時前には姫路駅へ到着。気が抜ける速さだわ。
ローカル線に乗り換える前に名物駅そばを食べました。美味くも不味くもなかった。
危うく福崎方面へ行きかけるアクシデントもありましたが、寸前に飛び降りてセーフでした。


20121227_48


そしてやっと地元へ生還。
マイナーな田舎駅舎の前でゆっくりと自転車を組み立てました。
汚れた風には写ってませんが、近づいてみるとマドンはドロドロです。
ハンドルに赤福を引っ掛け、手袋をリュックから出し忘れてヒャーヒャーいいながら自宅へ辿り着きました。

とにかく、寒さにやられた総行程140kmのツーリングでした。正直、季候さえ違えば楽勝だったと思います。
2年前になぜあんなに苦しんだのか?
あれから確実にレベルアップしている事を確信する事が出来ました。機材がね。

帰宅後して入浴後、本部へ顔を出したらヴィンテージさんご夫婦、こばびぃさん、ゴキソドクターHさんがいらっしゃいました。
ワイワイ飲んで身も心も暖めて布団に潜り込みましたとさ。


この記事を上げる前から 『京都だなんて期待外れ~』 などとケチをつけるおじさんが一名いらっしゃいますが、
私は今回、その方が先日小豆島で寒霞渓を登られた時よりも獲得標高を稼いでおります。
つまり私の方が頑張ったと言っていい事になります。








スポンサーサイト
  1. 2012/12/28(金) 02:13:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<お婆ちゃんのくそ袋 | ホーム | 迷馬は千里を走って千里を帰る>>

コメント

この時期、北に向かうなんて俺には絶対無理!ましてウエット路面、輪行なんて絶対、絶対いやYO!今回は負けたことにしとったるわい。
  1. 2012/12/28(金) 07:34:42 |
  2. URL |
  3. ヴィンテージ #-
  4. [ 編集 ]

京都逝かれてたんですね。この時期に!!
春になったら京都往復リベンジします。
ご一緒しませんか?
  1. 2012/12/28(金) 08:08:46 |
  2. URL |
  3. U-tomtom #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> ヴィンテージさん

その言い方では『自転車汚し勝ち』みたいですなあ。
あの寒さは筆舌に尽くし難い。思い出しただけで震えちゃうYO!
  1. 2012/12/28(金) 08:14:14 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> U-tomtomさん

この時期に京都はダメダメです。
寒い、痛い、自転車ワヤクチャ。泥マドンどないしょ〜
寒くなければ是非ご一緒させて頂きたいですね!

  1. 2012/12/28(金) 08:20:37 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

ごっついプレイですねヽ(^o^)丿

エビオムちゃんオトコマエですヽ(^o^)丿
  1. 2012/12/28(金) 09:38:38 |
  2. URL |
  3. かいちょ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> かいちょうさん

思い返せば、単に寒い所をだらだら走っただけですね。
あんな寒痛いのは初めてでしたYO!
  1. 2012/12/28(金) 10:11:21 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

飛ばしたら寒い、漕がな温まらん。なかなかの苦行やね。
いつトキオまで来るの?
  1. 2012/12/28(金) 19:31:40 |
  2. URL |
  3. うなぎ犬 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> うなぎ犬さん

その苦行が癖になるんですYO!
お前さんがこっちにいたらなあ〜

TOKIO行きたい、グリーンで。あれはイイもんだわ。
  1. 2012/12/28(金) 19:50:07 |
  2. URL |
  3. えびおむマトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tryangow.blog92.fc2.com/tb.php/813-51a3711b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する