エビのオムレツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イヤーオブザドラゴン

今日は乗らないつもりでしたが、食い過ぎたので夕方に自転車でうろうろ。
その帰りにタバコ屋に寄った時の事です。

自転車の格好でコンビニに入って汗ボドボドも嫌なので、外から窓越しに買える街のタバコ屋です。
タスポがないので、ずらり並んだ自販機は使えません。

窓際の呼び鈴を押して暫くすると、奥の部屋からお爺さんが出て来た。
早めの夕飯だろうか。思いっきり口に食べ物を含んだ状態だ。
そして私は、お爺さんの耳元に目を奪われた。

す、すごい・・・、途方もない耳毛だ。
故川内康範を彷彿とさせる。まさに御意見無用の耳毛だ。
耳に釘付けの私は、気もそぞろにカートン買いで銘柄を告げる。

耳毛もといお爺さんは、ありがとうを連発してライターを3本もサービスして下さった。
大して嬉しくもないのだが、そこは大袈裟に喜んでみせるのが礼儀だ。
それより耳毛が気になる。うっわ~ほんとすごい。根元が見たい。

私はリュックの財布から一万円札を取り出した。お釣りの事を考え100円を添えた時、嫌な予感がした。
ああ~やるのか、やられちゃうのか。


20130112_01


とても嫌な予感は見事に的中した。
1万100円を受け取ったお爺さんは、千円札の束を取り出した。
そして指先を、ツバでベロリロリ~ンと濡らしたのだ。ウッギャー!!!

お爺さんはぎこちなく千円札を数えた。6枚きりなのに2度も数えた。
ツバの付いた所はべっとべとだ。耳毛もすごい。

にこやかなお爺さんからにこやかにお釣りを頂戴しながら、『お札の右上汚染、右上汚染』 と脳内で唱えた。
ジューシーな千円札は財布に入れる事なく、畳んでウェアのポケットに押し込んだ。
お爺さんにゃ悪いが、このお札はサッサと使ってしまおう。
でもまたあの耳毛に吸い寄せられる事だろう。

耳毛と蓮コラには強烈に反応してしまう自分が理解出来ない。
幼少期に何かあったのだろうか。







スポンサーサイト
  1. 2013/01/13(日) 01:31:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中止です | ホーム | Ebi X Light>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tryangow.blog92.fc2.com/tb.php/831-0b1ed3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

プロフィール

えびおむ

Author:えびおむ
家族と自転車とラーメンを愛する日々

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。